HOME > イベント > イベント2010 > 100725

10/07/25

第21回 風土フォーラム
“秋の七草”の復活をめざして草原再生?観察会

軽井沢に、もう一度、「秋の七草」の咲き乱れる草原を復活させたい…そんな“夢”から、 軽井沢サクラソウ会議は、東信森林管理署の協力を得て、2007年の台風後の風倒地で、「かつての軽井沢にも広がっていた草原や,草原生の生き物を復活させてみよう」という実験をしています。この実験地で、植物、昆虫などを観察し、どうやったらこの夢を 実現できるか考えます。貴重な草原の雰囲気をチョッピリ味わってください。

日 時7月25日(日)9時30分〜11時30分(大雨の場合、翌26日・少雨決行)
観察場所軽井沢町三ツ石地区の草原再生実験地
講 師岐阜大学 津田智先生
集合場所借宿ローソン駐車場 午前9時30分
参加費:300円(資料代・保険代を含む)
主 催:軽井沢サクラソウ会議
共 催:東信森林管理署
連絡先:軽井沢サクラソウ会議事務局
phone.png E-mail:LinkIcon


「半自然草原」を復活?  野焼き、草刈り、放牧など人間の手が加わることでできてきた「半自然草原」、 かつては国土面積の1割(軽井沢では3割)も占めていました。現在は、わずか1%……  草原生の植物、昆虫、鳥などが絶滅の危機に瀕しています。 今、このような「半自然草原」を復活させることは自然環境を保全するうえで大切な課題です。 

このイベントは今年10月に名古屋市で開催される生物多様性条約締結国会議(COP10)を支援する 実行委員会の正式なパートナーシップ事業として登録されています。

◇チラシ → PDFファイルA4(288KB)こちらからダウンロード