( 週

軽井沢には、たくさんの草原・湿原・里山がありました。
サクラソウをはじめとする様な生き物人々と一緒に豊かに暮らしていました。
1万年も前の氷河期から生きてきた 貴重な植物もたくさんありました。
私たちは、井沢の自然と人々の暮らしを見つめ直し、次世代に引き継ぎたいと思います。




サイト更新日2022-11-21 カウンター

NEWS LETTER<NEW> 最新号Vol.124

イベント:お知らせ/ニュース:報告/ほか

サクラソウさがし新聞 Vol.2

モニタリング1000里地調査

<報告>PDF_A4×2PLinkIconP1LinkIconP2

LinkIconBlog
(様々な情報発信)

軽井沢の原風景、湿地生態系を遺したい!
▶︎ 詳しくは次のページへ

・署名のお願い・郵送先

軽井沢町馬取山田地区。現在、ほ場整備事業が進められています。「自然環境と共存するほ場」として、農地の一部に湿地生態系が生き残るエリアを造って欲しいと要望しています。

「環境と農の未来を考えるセミナー」

11月11日(終了しました)
軽井沢町中央公民館 大講堂 <参加費無料>
LinkIcon 参加募集チラシ(PDF)


|軽井沢サクラソウ会議 活動について|


町花・サクラソウ


町木・コブシ


町鳥・アカハラ


町獣・ニホンリス


イベント・活動・講演会


出版物